取り付け方法を知ろう

| 未分類 |

自動車の場合では、いわゆる社外品なども車種によっては多数のものが発表されており、ドレスアップを目的にしているパーツ類や、エンジンや排気系、足回りに関するパーツ類も充実していることになります。それぞれのパーツに関しては、事前に取り付け方法を確認することも大切になります。例えばリヤバイザーなどの場合では、穴開け加工を必要とせずに、両面テープなどで施工することができるものも登場しています。その一方で穴開けを行って、ボルトなどでしっかりと固定しなければ正常な走行が難しいようなパーツも存在しており、何より安全性を確保することが大切になります。中には純正パーツとの交換用として発表されているパーツも存在しており、このタイプの場合では純正の金具等をそのまま再利用できるものも用意されています。取り付けに関しては問題無く行うことができた場合であっても、車幅や車高などが著しく変更される内容を持っている場合では、改造している旨を申請することが必要となるケースもあり、届け出をしていない車両の場合では違法と見なされてしまうというケースもあります。そのため、パーツの取り付けに関しては常に慎重に行うことが必要とされていて、法律を順守することが大切になります。