自動車の指定部品と言うのは、安全性上、機能性上など指定の部品を使わないとこれらの性能の維持が難しいとされるもので、指定された部品の中でも重要部品と呼ばれる部品については必ず指定の部品を使って修理を行う必要が有るとされるのが特徴です。

自動車の愛好家の中では車の改造を行う人も多くいますが、改造を行う事で車検に通らなくなることが多く在ります。
そのため、車検に出す前に元の状態に戻すと言うケースも多くあるのですが、改造などを行う事で安全性の確保が難しくなってしまったり、公害などに発展することからも、構造などの変更検査が行われ、車検での検査に合格が出来るかどうかが決まってくるのです。

尚、改造などにおける指定の部品の取り扱いと言うのは、法律の中で定められており、自動車部品を装着した場合の構造などの変更検査における取扱いについての依命通達が行われており、指定の部品となっているボルト、接着剤などを利用して装着している場合は、自動車検査証の記載事項の変更による手続きは不要とされているのです。

しかしながら、改造における部品が例え指定の部品であったとしても、道路運送車両の保安基準に適合する事が重要とされており、車検を受ける際に、この基準を満たしているか否かを確認した上で車検の検査が行われていくと言います。