現在では非常に数多くの自動車用の改造パーツなどが発表されています。ネット通販として購入できるものもあり、所有している自動車によっては、選択肢が広がることになります。パーツの内容によっては好みに応じて完全に自由に取り付けを行うことが出来るタイプも存在している状況にあって、特にドレスアップ用のパーツに関しては充実しているものがあります。しかし、改造を行う上では、時には変更届を必要としているものもあるために、取り付け前には全てを把握しておくことも推奨されています。一定範囲内であれば問題無く届け出を行うことなく、パーツ類を利用することができますが、その要件としては、例えば排気量などの変更が無い場合、この点に関しては脱税に関連してしまうケースもあるために、慎重に行うことが必要です。いわゆるエアロパーツの場合では、パーツによっては車幅などが大きくなってしまうことがあります。このタイプのパーツの場合でも届け出が必要とされているのですが、基本的には純正の状態とサイズ的に変更が無いというものであれば、届け出の不必要な範囲内とされていることが多いために、あまり気にする必要がありません。しかし、走行中に外れてしまうことは防ぐ対策を行うことは基本になります。