不合格の場合の対処法

| 未分類 |

車検に自動車を出した際に、不合格となり通らないことが多々あります。
そのようなことになった場合にどのような対策が必要か車検に出す方法により違います。
まず、一番よくされているディーラーやカーショップに持ち込んでの車検の場合です。
この場合は、車検に落ちた場合別途、交換部品が必要な場合は見積もりを取って工場で交換し、再検査に向かいます。
ディーラーやカーショップ車検ではこのようなことが起こらないためにも予備検査と呼ばれることをします。
本検査に持ち込んで、落ちてしまうと二度手間になるだけでなく納期が延びたりお客様へ検査後の追加料金が発生し不信感を持たれます。
そうならないように、予備検査の段階できちんと本検査をクリアできる状態に仕上げてます。
次に、ユーザー車検と呼ばれるもので落ちた場合は、少し手間がかかります。
実際に、自分で自動車を運転して最寄りの陸運局に持ち込んで車検ラインを通すのですが、予備検査を行うことができないので、車検ラインに通して落ちたら、自分で修理するか近くの工場に持ち込んで、落ちた部分を修理ないし部品交換をし再度車検ラインに持ち込む必要があり手間がかかります。
そうならないためにも日頃の整備が大切です。