新車を購入して3年後に「初回車検」があり、その後は2年ごとに車検が義務付けられています。車検は、車を安全に走行させるために欠かせないものである上、車検を受けていない車は公道を走行することが出来ないため、満了日までに必ず検査を受ける必要があります。さて、車検には自分自身ですべての検査を行う、「ユーザー車検」というものがあります。これは、自分が住んでいる地域の運輸支局に行って、自分自身で車の検査を行うものです。検査項目はすべてチャート化されており、それぞれの検査項目には合否の基準も定められています。「同一性の確認」では、自分の車に打刻されている車台番号と原動機型式と、車検証などの書類のものを見比べて、同一であるを確認します。同一であることを確認出来れば、「同一性の確認」は合格です。また、「外廻り検査」では、前後のランプ類が正常に作動するかを検査すると同時に、タイヤのボトルナットが緩んでいないかどうかを検査します。すべての項目で問題なければ、「外廻り検査」は合格です。その他にも、前輪タイヤの横滑り度を確かめる検査や、ブレーキ検査、スピードメーター検査、排気ガス検査など、様々な検査があります。万が一、検査に不合格となった項目がある場合は、運輸支局近くの整備工場などに行って不具合を直してもらい、再検査を受ける必要があります。