自動車の車検には法律によって厳しく審査基準が設けられています。
改造もなにもしていない、購入したままの状態で乗っている場合は、通すとき何も気にせず通ります。
しかし、改造車の場合は少し違ってきます。
車高を下げたり、マフラーを変えたり、ウィングを付けたり、タイヤ幅を変え太くしたりいろいろあります。
このような改造が、審査基準から逸脱しているばあい通りません。
一度審査に持っていき落ちると再審査を掛けなければなりません。
一度帰って、整備工場などで車高を上げたりマフラーの音量を規制値内に収める作業が必要になり、労力とお金がかかります。
このような二度手間が起こらないように、最近はパーツでもきちんとしたメーカーより販売されているものは、対応品と記載されている物が販売されています。
この、対応品を買ってきちんと条件通りに取り付けていれば問題なく通ります。
しかし、例えば対応品でもマフラーの場合経験劣化やエキマニというパーツの同時交換などで、今日厳しい音量規制にひっかかる場合が多くみられます。
また、最近はやりの太く大きなタイヤもフェンダーよりはみ出していると通りません。きちんとフェンダー内に収まっている必要があります。譜面02 }PgžxQ